オナ禁をするのに最も効果的な期間とは?

 

 

男性ホルモンを活性化し、精力を増し、夜の生活にも活力を与えるオナ禁ですが、その期間はどれくらいに設定すればよいのか迷う方もいると思います。

 

オナ禁は、すればするほど、精力増強などの効果が得られるものなのでしょうか。

 

ところが、あまりに長い間のオナ禁は、体に良くないようです。

 

精力が減退してしまったり、体調不良を引き起こしてしまうなんてこともあります。

 

オナ禁は長ければ長いほど良いというものではなく、適切な期間がありそうです。

 

では、どの程度の期間が一番オナ禁の効果を得ることができるのか考えてみます。

 

オナニーもセックスもせずに精子が精巣内に満たされると、夢精によって外に出てしまいます。

 

また、たんぱく質として体内へ吸収されることもあります。

 

頑張ってオナ禁をしていても、夢精してしまっては元も子もありません。

 

個人差もありますが、精巣内で精子がいっぱいになるには、だいたい三日間と言われています。

 

オナ禁をしている男性の話を聞くと、オナ禁1週間目で夢精したと言う意見も多くあります。

 

さらに、2日から7日をオナ禁期間として推奨している機関もあるようです。

 

これらを総合すると、オナ禁の効果が得られる期間は、3日〜8日程度が良いようです。

 

オナ禁は3日間と1週間でどちらが効果あるのか?検証してみた

 

 

3日間と7日間と言う異なる期間でオナ禁をし、効果にどのような違いが出るのか実際に実験を行い調べてみました。

 

まずは3日間のオナ禁の効果です。射精の勢いがいつもより強く感じました。また、精子の量も多く勃起力も高まったと思います。

 

パートナーの女性からの評価は、ペニスの硬さがいつも以上だと言うことに加え、セックス中も興奮したというものです。

 

精力増加や男性ホルモンの上昇などにより、得られた効果だと思います。

 

7日間のオナ禁では、3日間のオナ禁時に比べると射精の勢いは弱まりました。

 

勃起状態も、いきなりフル勃起することはなく、だんだんと勃起するイメージです。

 

何より、セックスをしたいという欲求がほぼなくなってしまったことでした。

 

5日目くらいまでは射精したい欲求でいっぱいでしたが、それを過ぎるとどうでも良くなってくるのです。

 

射精する気持ち良さも、3日間のオナ禁の時と比べてずいぶん少なかった印象があります。

 

ただし、精子の量はかなり多かったと実感しました。

 

最大の効果として、合計で3回もセックスをすることができました。

そもそもオナ禁とは?

 

 

一週間近くオナニーをせず我慢することオナ禁と言います。

 

オナニーを禁止するという言葉に、今後一生ずっとオナニーをしないと思われるかもしれませんが、実際には一時的にオナニーをしない期間を作ることなんです。
毎日のようにオナニーをしている男性も多いと思いますが、オナニーを我慢してオナ禁を行っている男性も一定数いるようです。

 

なぜわざわざオナニーをすることを我慢するのか、疑問に思われる方も多いですよね。

 

オナ禁には、三つの利点があると言われています。

 

一つ目は、外見に効果があると言う事。

 

二つ目は精神的なメリットが得られると言う事。

 

三つめは性的な効果やメリットがあると言うことです。

 

オナ禁をしている男性は、これらメリットを享受するために、一週間程度ぐっとオナニーしたい気持ちを我慢し続けると言うわけです。

 

オナ禁の効能を知らない男性の方からすれば、オナ禁は辛いだけの苦行だと思います。

 

ですが、オナ禁は辛い思いをするだけの期間ではなく、効果やメリットもきちんとあるようです。

オナ禁をすることで得られる3つの効果とは?

 

 

基本的に男性はオナニーをすることによって手軽に快感を得ています。

 

毎日オナニーをするような方にとって、何のメリットもなくオナ禁をしなければならないとなると、非常に辛いですよね。

 

ですが、オナ禁の効果がどのようなものかしっかりと分かれば、ちょっとやってみようかなと言う気持ちになるかもしれません。

 

外見への効果、精神面への効果、性的な効果と、3つの大きなメリットをさらに詳しく見ることによって、オナ禁で得られる効果を認識できますよ。

 

少しだけオナニーを我慢することによって、様々なメリットがあることを考えていきましょう。

 

テストステロンによる肌や髪への効果

 

オナ禁の効果の一つ、外見へのメリットを説明します。

 

男性はオナニーで射精するときに、男性ホルモンの一種テストステロンを体外に放出します。

 

そして、テストステロンが体内で少なくなると、それを補うようにジヒドロテストステロンが活性化します。

 

ジヒドロテストステロンも男性ホルモンの一種なのですが、これは悪玉男性ホルモンと言われています。

 

ジヒドロテストステロンが活性化すると、男性の肌荒れや薄毛を引き起こす原因になってしまうのです。

 

オナ禁中はテストステロンが放出されることはありませんので、ジヒドロテストステロンが活性化されることはあまりありません。

 

悪玉男性ホルモンの活性化を抑えることにより、肌荒れや薄毛を引き起こすようなことが無くなるのです。

 

もし同じ男性がいるのなら、肌荒れしていない男性の方が女性も喜びますよね。髪も無いよりはある方がずっと印象も良いと思います。

 

オナ禁中はテストステロンの減少を抑制し、奇麗な肌を保つことができます。これが、オナ禁で得られる外見のメリットです。

 

テストステロンによりやる気や集中力がアップ

 

オナ禁による精神的なメリットについて説明します。

 

テストステロンと言う男性ホルモンは、射精と一緒に体外へ排出されるのです。

 

男性が射精を行うと、この男性ホルモンが体内で少なくなってしまいます。

 

毎日オナニーをする男性は、常にテストステロン濃度が低い可能性がある言うことですね。

 

テストステロンは、男性のやる気や集中力に重要にかかわってくるホルモンです。

 

テストステロンの体内濃度が低下すると、集中力が低くなってしまったり、気力が湧かなくなったりします。

 

また、ぐっすり眠れなくなるなどの弊害も出てしまいます。オナニーをした後に無気力になってしまう感覚は、男性なら一度は経験したことがあるかと思います。

 

オナ禁をしている間は、体内のテストステロンは減少しませんので、気力も沸き上がり活動的になることができます。オナ禁による、精神的なメリットですね。

 

 

オナ禁の性的なメリットがどのようなところにあるのか説明します。

 

テストステロンは、男性の機能に密接なかかわりを持っています。

 

特に、射精するために必要なホルモンであり、射精するたびに体外に排出され使用されます。

 

また、テストステロンが不足してしまうと十分に勃起することができなくなります。

 

オナニーを毎日のように行う男性は、テストステロンの生成が間に合わない状態であることが多いようです。

 

テストステロンの体内濃度が低くなってしまうと、男性の機能が弱まってきてしまいます。

 

男性の機能が衰えてしまうと、いざセックスする段階で女性を満足させることができなくなります。

 

セックス中に勃起力が無いと、女性もがっかりしますよね。そこで、満足のいくセックスをしたいときには、オナ禁をして備えると良いようです。

オナ禁するとセックスが超気持ちよくなる!

 

 

男性ならオナニーの気持ち良さ、手軽な快感をご存知だと思います。パートナーが居たとしても、オナニーをして自分で処理してしまう人も多いですよね。

 

一方で、オナニーのし過ぎで、セックスをしたときにあまり気持ち良くなかったと言うような意見を聞いたころはありませんか。

 

実は毎日オナニーをしていると、セックス本番で挿入してもうまく快感を得ることができないと言う人も多いんです。

 

普段から自分の好きなようにペニスを刺激してしまっているため、女性のフェラチオが気持ち良くない人もいるでしょう。

 

せっかくセックスするのに、快感が得られない、気持ちよくないとなると、残念ですよね。

 

もちろん、オナニーが好きなのでこのスタイルを止める気はない、と言う人もいるかもしれません。

 

ですが、特に深く考えることなくオナニーを毎日続けている人は、一度考えてみてください。

 

とりあえずお手軽な発散方法として毎日だらだらオナニーをするのか、それとも、少しの間オナニーを我慢して激しい快感を味わうのか、どちらが良いでしょうか。
オナニーを毎日の習慣にされている男性にとって、数日間のオナ禁はとても辛いものです。

 

しかし、オナニーを我慢した先に、最高の快感を得ることのできるセックスができるなら、挑戦してみようかなと言う方もいるでしょう。

 

具体的に、オナ禁をして何が変わるのでしょうか。

 

一つは、ペニスへの刺激を止めることで、セックスをした際の久しぶりの刺激がかなり強く感じられることにあります。

 

フェラチオや挿入時に強い快感を得ることができれば最高ですね。

 

もう一つの効果は、男性ホルモンの一種テストステロンの分泌量が増えることです。

 

テストステロンは男性機能と深いかかわりのあるホルモンです。体内の濃度が上がることで精力が増し、満足のいくセックスができます。

 

また、女性もテストステロンに刺激されて、普段見せないような激しい行為に没頭してくれるかもしれません。

オナ禁を継続するための2つのコツ

 

オナ禁の効果はわかりました。では、実際にどうすれば苦行ともいえるオナ禁を継続することができるのでしょうか。

 

オナ禁継続のためのコツを紹介します。

 

オナニーの習慣を断ち切る

 

毎日のオナニーが習慣化していませんか。

 

帰宅後くつろぎながら何となくオナニーをしていたり、布団に入ってオナニーをすることになっていたり、風呂に入るたびにオナニーしていたり、毎日続けているとそれが習慣化してしまいます。

 

オナニーは気持ちの良いものですから、一度習慣化してしまえば毎日するようになります。

 

そんな男性は、1日一回オナニーをしなければ、ソワソワしてしまうかもしれません。

 

このように習慣化したオナニーを突然やめることは簡単なことではありません。

 

いきなり1週間もオナ禁をしろと言われても無理な話だと思います。

 

そこで、毎日の習慣化したオナニーを止めたいのなら、少しずつ止めるように努力しましょう。

 

最初は1日だけオナニーを我慢する。それが何度もできるようなら、オナ禁の期間を2日に伸ばす、と言う風に、少しずつオナ禁の期間を延ばしましょう。

 

少しずつオナ禁の日を伸ばし、習慣化したオナニーから脱却しましょう。オナ禁することもまた、習慣づけることもできます。

 

オナ禁の山場は7日目までです。それまでは、あふれてくる性欲を抑えつけるのも苦しい期間です。

 

ですが、7日を過ぎたあたりからは、オナニーをしていないことも忘れるほどに穏やかな日を過ごすこともあります。

 

体を動かしてエネルギーを発散する

 

オナ禁の助けになるポイントとして、エネルギーを発散する方法があります。

 

オナニーをするのにも、多くのエネルギーを使っているのをご存知でしょうか。

 

オナニー後の虚脱感や疲労を感じたことがある方も多いかと思います。

 

オナニー中は快感を感じますし、射精するのは気持ちいいのですが、直後のどっと疲れた感じは独特ですよね。

 

これは体内のエネルギーを消費しているからでもあります。もちろん、エネルギーの消費だけではありませんが、大きく関わっているのは事実です。

 

そこで、オナニーに使うエネルギーを別のことで発散すると、オナ禁の助けになります。オナニーをする前に、たまったエネルギーを使ってしまうのです。

 

発散方法は特に指定はありません。個人の自由です。自分自身が好きなように発散できれば、周囲に迷惑をかけない限り何でも大丈夫です。

 

気を付けなければならないのは、パソコンやスマホを使った発散方法です。パソコンやスマホは、見ようと思えば簡単にエロ動画を閲覧できます。

 

また、エッチな写真などもすぐに手に入ってしまいます。

 

エネルギー発散のため遊んでいたのに、いつの間にかエロ画像を見てムラムラしてしまう、なんてことになってしまったら元も子もありません。

 

特に、オナ禁を初めてするような方には、あまりお勧めできる方法ではありません。

 

できればベッドでゴロゴロする方法より、体を動かして何かをする発散方法がおすすめです。

 

体を適度に動かしエネルギーを発散してしまえば、オナニーに使うエネルギーも減りオナ禁の助けになりますよ。

 

運動は筋トレが1番

 

オナ禁の助けになるような発散方法として、一番のおすすめは筋トレです。

 

最も基本的なエネルギーの使い方ですし、何より毎日続けるとやり遂げた充実感があります。筋肉がついてくると、自分に自信もつきますし、良いことづくめですね。

 

また、同じような理由で、運動に打ち込むのも良いですよ。

 

興味のあったスポーツを始めたりするのもおすすめです。

 

簡単にできて、しかも多くのエネルギーを消費する運動では、ランニングもありです。

 

他にも、勉強や趣味に真剣に打ち込んでみるのも良いですね。

 

まとめ〜オナ禁の恩恵「テストステロン」の効果を引き出す

 

男性の機能にテストステロンと言う男性ホルモンが強くかかわっていることが分かりました。

 

オナニーを毎日すると、テストステロンが減少した状態が続き、結果的に男性機能の働きが落ちてしまうこともあるようです。

 

オナ禁をすると外見への効果、精神面へのメリット、そして性的なメリットなど様々なメリットがあります。どれもテストステロンと関係があるようでした。

 

また、オナ禁の期間は、3〜7日が好ましいようです。

 

3日間のオナ禁では、かなりのメリットを感じることも分かりました。

 

自分に合ったオナ禁の期間が分からないと言う方は、3日間のオナ禁から始めましょう。

 

毎日オナニーをして射精し、テストステロンが減少していた頃と比較して、勃起力や女性の満足度など様々な効果が得られるはずです。